ビットコイン(Bitcoin)の基礎知識からビットコイン(Bitcoin)の投資HYIPビットコインを増やす方法を紹介
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコイン・仮想通貨サポートブログ

ビットコインを代表とする仮想通貨(暗号通貨/デジタル通貨)が当たり前の時代になります。 そしてビットコインを資産の一つとして、その資産を増やす「ハイプ/HYIP」という高リスク高リターンの投資案件が横行しています。 投資をしたのに投資先が潰れてしまうという例も多いのです。 当ブログでは初心者でも安心してビットコイン仮想通貨(暗号通貨/デジタル通貨)を資産として保持、運用、管理出来るようにお手伝いできるよう、お役に立てるような情報を公開しています。

ビットコイン(仮想通貨/暗号通貨)を持つメリット

ビットコイン(仮想通貨/暗号通貨)を持つメリット

① 通貨として買い物が出来る!

2017年4月1日
ビットコイン(仮想通貨/暗号通貨)は通貨として国は認めました。

ビットコインは決済(買い物)出来る通貨として認められ

早々とビックカメラビットコインで買い物が出来るようになり

リクルートは、ホットペッパー掲載店舗にビットコイン決済の導入を
推奨すると発表しました。

これは2020年の東京オリンピックに向けて
多くの外国人がビットコインを持って来日するため。

なので
今、ビットコインを知らなくとも
時の流れに従って、周囲の人がビットコインを持つので
おのずとビットコインは拡がっていきます。


② 高いセキュリティー

現在の銀行は中央集中型コンピュータで管理しているため
この大型コンピューターがハッキングなどにあったらデータが奪われてしまう危険性があったのですが

ブロックチェーン技術は分散型管理システムによって
既存の管理システムよりも高度なセキュリティーが実現。

 

③ 海外送金手数料が超低価格

LINEやFacebookなどのSNS
海外に居る相手にも無料で通話やデータ通信が可能です。

それと同様に、
ビットコイン(仮想通貨/暗号通貨)は、超低価格の手数料で
海外に居る相手に送金する事が出来ます。

これが世界中に拡がった要素の一つです。

アメリカでは、送金手数料、受金手数料が取られます。
日本でも海外留学しているお子さんに送金んする際には数千円の手数料がかかります。

しかし、ビットコイン(仮想通貨/暗号通貨)なら数円の手数料、しかも瞬時に送金する事が出来るのです。

この送金システムが画期的な革命とも言えるのです。

 

④ 発行枚数が限定している

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決められています。

発行枚数が限定されていると言う事は
国が管理する法定通貨と異なり

国の政治、財政に左右されない、
「価値」を担保されていると言う事です。

国が通貨を発行し過ぎれば
ハイパーインフレを起こし、

通貨の価値がどんどん無くなって行きます。

また財政が破たんして、銀行を閉鎖したり、
貨幣を替えるなどの強硬政策から
自身の財産を守れると言う事です。

最近でもインドであった事なので
この点はご理解出来ると思います。

この事が爆発的にビットコインが世界に拡がった一番の要因と言われています。


想像してみてください。

突然、銀行からお金を引き出す事が出来ない預金封鎖を日本政府が行ったら。

突然、明日から1万円札は使えず最高紙幣は5千円札になったとしたら。

日本の財政赤字の状況は戦後に行われた「預金封鎖」の時よりも
ひどい状況にあるのです。

これはNHKが特集を組んでいたので
ご覧になった方はご理解いただけると思います。


⑤ 通貨価値が高まっていく!

ビットコインが誕生した2009年は
ビットコインあたり、数円の価値でした。

しかし、手にする人が増える事で、
その価値はどんどん上がって行きました。

つまり、主に③と④の理由によって
世界中の人たちが、自国の通貨を信用していないので

今持っている法定通貨をビットコインに替えて行く人が増えていったのです。


そして、現在、1ビットコインあたりの価格は13万円を超えています。

この事だけをファーカスするから
ビットコインは投機、投資というイメージを持つ人が多いですが

画期的な送金システム、決済システムであるブロックチェーンという技術を持つ
ビットコインは、「人々の生活を便利にする」という一番の特性があるのです。

なので、
需要が高まり、価値が上がっています。

投機目的のみであれば、
「売り」が先行して、価格は下がる傾向になります。

しかし、
まだまだ価格が上がっていくと言う事は
世界的にビットコインを必要とする人が多いと言う事なのです。


『 だから!今から持っておくべきなのです!』

ビットコインを今から持っておく事で
数ヶ月後、数年後に価値が高まれば資産を持つ事になります。


例えば、古銭を持っていたとします。

3次長野オリンピック 1万円金貨 → 現在、76,000円

日本国際博覧会記念 1000円銀貨 → 現在 6,000円

FIFAワールドカップ 1万円金貨 → 現在 76,000円

昭和5年 新20円金貨 → 現在 5,000,000円

今の千円札でもゾロ目の番号も高い価値を持っていますが、

つまりは、価値あるモノは何年たっても価値は付きます。

古銭は需要がマニアなのかもしれませんが

ビットコインは世界中の人たちが必要としている通貨である以上、
発行枚数が限定されている中で下がる要因は皆無と言えます。


その他、
ビットコインの必要性、ビットコインの価値が下がらない理由、上がっていく理由などを上げていくとキリがありませんので

主だった理由を書いてみました。


いずれにしても

もう日本で通貨として認可されたビットコインです。

遅かれ、早かれ、多くの方が手にします。


インターネットを嫌っていた人は
いつのまにかインターネットをやっています。


ICカードは絶対に持たない!って言ってた人も
suica PASMO など交通ICカードを持ってます。買い物もしてます!


スマホには絶対に替えない!って言ってた人も
スマホに替えています。

Facebookなんかやらないよ!個人情報をばすもんだよ!
って言ってた人も

いまFacebookやってます!

同じ理由でLINEなんかやらないよ!って言ってた人も
今、LINEやってます!!

つまり
私たちの生活の中で「便利性の高いモノ」は必ず普及するのです!!

 

ビットコインは、
スマホ1つあれば、世界中で使えますし、現地でその通貨に替える事も出来るのです。

いずれ必ずビットコインを持つのであれば

まだ今なら1ビットコイン13万円ちょっとで手にすることが出来るのです。

数ヵ月後、一年後に、20万円、30万円になった時に手にするのであれば
今から手にされるのを強くおススメします。

 

ビットコインを手にする方法は
こちらにも書いてありますし

 

直接、詳しくお聞きになりたい方は
LINEまでご連絡頂ければアドバイスさせて頂きますので
ご連絡くださいませ。

 

Line@
goo.gl/uromEs

Line Id
@had3892s

 

f:id:bitcoin0712:20170416154006j:plain

2017年は仮想通貨元年、ビットコイン、イーサリアム、リップル

時価総額のトップ3を中心に仮想通貨は右肩上がりに価格が上昇しており、

長期的にも資産として保有するのも良いかと思います。

 

ビットコインをはじめ、イーサリアムやリップルなど時価総額の高い魅力的な通貨は、国内取引所のコインチェック(coincheck) で買うことができます。

 

無料でアカウントの作成が可能ですので、まだアカウントを持っていない方は作成しておくことをオススメします。

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin